今月のレビュー作品

  CAPTAIN AMERICA: WAR&REMEBRANCE/阿部 静

レビューコーナーでは皆さんのお便りをお待ちしています!

 

タイトル:CAPTAIN AMERICA: WAR&REMEBRANCE
推薦者:阿部 静

 ”…しかし、依然として『スティーブ・ロジャーズ』としての彼は、取るに足らぬただの人だった。アヴェンジャーズの任務がない時には、彼には何もすることがなかったのだ。そこで、しばらくは新米警官としての職に就いていたのだが、キャップとしての任務に割ける時間には不自由したため、結局、今日での彼はこの二重生活を送るだけの時間的余裕があり、かつ家賃を払える程度の収入がある仕事に就いている。フリーの商業デザイナーでいるときだけ、彼はようやく普通の生活に戻れるのだっだ。融通が利き、クリエイティブな充足感があり、締め切りに追われる日々に。”

CAPTAIN AMERICA #252に収録の「キャプテン・アメリカの日常生活」からの引用ですが、特別スペシャルボーナスページなのにこんな地味でトホホな内容でいいんでしょうか。第二次世界大戦の英雄が、生ける伝説が、自由の番人が、”クライアントから一件も仕事を貰えず一人寂しく乗り合いバスに乗って帰宅”する姿なんて痛々しくて見てらんない。そんな世間の冷たい風にあたって「他のヒーロー、例えばスパイダーマンとかはどうやって生計を立ててるんだろう」などと嘆息されちゃうと、いえいえヤツは自作自演のヤラセ記事とかでちゃっかり稼いでやがりますぜダンナ、とか思わず言ってあげたくなってしまう。

というわけで今回のご紹介は1980年のCAPTAIN AMERICA #247-255を収録したTPB「CAPTAIN AMERICA: WAR & REMEBRANCE」。ライターにRoger Stern、アーティストにJohn Byrneという息の合った親友コンビによるMarvelきっての最長寿ヒーローの活躍は、もうこれ一冊でカンペキなくらい全部入り。敵は宿敵ナチのレッドスカルからおフランス傭兵バトロックまで、味方は先の大戦のインベーダーズからフューリー大佐まで、キャップご愛用のシールドも新旧どちらも登場するし、ご丁寧にオリジンまで再録してます。

 しかしその中でも秀逸なエピソードが「キャップを大統領に!(Cap for President; CAPTAIN AMERICA #250)」。ひょんなことから第三新党から出馬する大統領候補に担ぎ上げられたキャップ。当人の意思とは無関係にこの冗談のようなニュースは全土を駆け巡り(このときの現実的なアイアンマン、ミーハーなワスプ、無機質なまでに正論なヴィジョンというアヴェンジャーズ三者三通りの反応が楽しいです)、ついにホワイトハウスまでが動き始めて笑い事では済まなくなってきます。そんな騒ぎのなか『スティーブ』は「みんな本気でこんな正体不明の、マスクで素顔も分からない人間に投票するつもりなのか?」と呆れますが、彼はわかっていません。大衆にとってキャップに「正体」などないからです。スティーブ・ロジャーズはもはやキャプテン・アメリカの正体ではなく、キャップの「世を忍ぶ仮の姿」に過ぎないのだから。

 冷戦時代を迎え、朝鮮戦争やベトナム戦争という苦い経験からアメリカという国が悩み、揺らいでいた1960年代に、アメリカン・ドリームの象徴として作為的に復活させられたヒーロー。英霊としてアーリントン墓地に眠ることも許されず、ひとり時代に取り残されながらも生き続け、戦い続けなくてはならない、哀れなリップ・ヴァン・ウィンクル。純粋な愛国心から人体実験に参加したひ弱な青年スティーブ・ロジャーズは、超人血清とヴィータ光線を与えられ、キャプテン・アメリカが誕生したあの瞬間に、この世から消えてしまったのかもしれません。

 お隣のバーニイに「私の父が聴くような昔の曲が好きなのね」と言われてしまったり、かつて自分より若かった少女がすっかりおばさんになっていたりと、時の流れから忘れ去られた男にとっては残酷なことばかり。それでも彼は最後にはスティーブであることよりも、キャップであることを選ぶのでしょう。キャプテン・アメリカの任務は自由を守ることであって、国を率いることではないと、大統領選を辞したように。

【作品データ】

Writer: Roger Stern
Artist: John Byrne
出版社:Marvel Comics
出版年:1990年
収録作品:CAPTAIN AMERICA #247-255 (1980)

 

過去のレビュー作品

'02.09.24
9-11

'02.09.12
The Adventures of Barry Ween, Boy Genius

'02.08.26
Superman: Where Is Thy Sting ?

'02.08.12
Scott Mcloud's ZOT!

'02.07.28
Shi: Kaidan

'02.07.15
HEAVY LIQUID

'02.06.29
the Last Temptation

'02.06.17
AMAZING SPIDER-MAN ANNUAL #15

'02.06.2
Superman for the Animals

'02.05.19
THE AMAZING SPIDER-MAN: THE SAGA OF ALIEN COSTUME
BLADE II  (「TOMB OF DRACURA」45〜53号)

'02.05.3
SPIDER-MAN: THE DEATH OF GWEN STACY

'02.04.26
Amazing Fantasy #16〜18

'02.04.12
ELFQUEST

'02.03.22
Just Imagine

'02.03.8
THE POWER OF IRON MAN

'02.02.28
Batman: No Man's Land

'02.02.08
Breakfast After Noon

'02.01.16
Hellboy: Conqueror Worm,BLOODSTONE

2002年のレビュー
2001年以前レビュー




レビューのコーナーでは皆さんのお便りを募集しています。皆さんが「面白い!」と思った海外コミックを何でも紹介して下さい。知られているもの、知られていないもの、これを見ている皆さんに読んで欲しいもの、そうじゃなくても何だかちょっと「コレ面 白かったよ」と呟きたいようなものも。アメリカのコミックだけでなく、フランスの"BD"やイタリア、香港、中国、その他とにかく「海外」のコミックの紹介、大歓迎します!

レビューを送っていただく際、できるだけ表紙の画像を一緒にいただけると助かります(もちろん、なくても全くOK!ですが、見つかりにくい本の場合、画像が入れられなくなってしまい寂しいことに・・・) 。添付の場合はJPEGかGIF。80K以下の小さな画像でお願いします。
とにかく、このコーナーは皆さんの投稿で作られるコーナーです。どんどん投稿をお寄せ下さい。お待ちしてます!!

当ホームページへの投稿の宛先はこちら:contact@planetcomics.jp


PLANETCOMICS.jp
[WorldComicNews] [ComicReview][Contact US!]