今月のレビュー作品

the Last Temptation/高木 亮

レビューコーナーでは皆さんのお便りをお待ちしています!

 

タイトル:the Last Temptation
推薦者:高木 亮


 モーニング娘。のユニットであるミニモニ。が、子供たちに大人気だと言う。CDはもとより、文房具やアクセサリーなども多数商品化され、小学館の学習雑誌には、彼女たちを主人公にした漫画まで連載されているそうだ。いやはや、見事なマルチメディア展開というか、商魂たくましいというか…。それはともかく、音楽と漫画との間には、メディアの違いを越えた親愛関係があるようだ。北条司の「エンジェル・ハート」は鬼束ちひろの「月光」にインスパイアされた部分があるというし、ビジュアル系ロックバンドのリュシフェルは音楽(現実)とアニメ(虚構)をミックスさせた活動をおこなったことで注目を集め、かの聖飢魔?もかわいらしいデフォルメ姿でアニメ化されている。こうした傾向は、アメコミの世界でも例外ではない。一番有名なのは、アメリカのロックバンドKISSのコミック化であろうか(KISSのコミックはマーヴルやイメージなどから発売されていたが、現在ではダークホースから発売されている)。著名なコミック・クリエイターたちがアルバムジャケットを描いたり、作詞を手がけたり、自らバンド演奏をするのも、決して異例なことではない。今回紹介する「the Last Temptation」も、そんな音楽とコミックとの出会いから生まれた作品である。
 
 アメリカ郊外の田舎町。ハロウィーンを翌日にひかえた秋の日。臆病な少年スティーブンは、学校からの帰り道、奇妙な芸人(アリス・クーパー)と出会う。その男はスティーブンにチケットを渡し、路地裏に突如として出現した存在しないはずの劇場のなかへと誘い込む。客席に座ったスティーブンは、そこでゾンビたちによる身の毛もよだつような舞台の一幕を見せられる。どうやら男はスティーブンの魂を手に入れて、自分のゾンビ一座に引き入れたいらしい。しばらくして男はスティーブンを解放するが、それは悪夢のはじまりにすぎなかった。
 一夜あけたハロウィーンの当日、男は白昼堂々スティーブンの周囲の人間に姿を変え、執拗にスティーブンを誘惑する。その夕方、スティーブンは図書館に行き、謎の劇場についての情報を探ろうと試みる。その結果わかったことは、100年ほど前の大火災で劇場が焼失したこと、それ以来ほぼ5年おきの間隔で、ハロウィーンの夜に子供が一人ずつ行方不明になっていること、などだった。
 意を決して劇場へと向かったスティーブンは、再び男と対面する。男はスティーブンに「決して老いることのない永遠の生命」を約束するが、スティーブンはそれを拒絶し、己の人生を生きようと決断する。それを聞いた男はスティーブンを帰そうとする素振りを見せるが、出口に向かったスティーブンは再び劇場内に戻ってしまう。男の魔力により、劇場からの出口が封印されてしまったのだ。はたしてスティーブンは悪夢のような迷宮から抜け出し、現実世界に戻ることができるのだろうか…?
 
 本作品は、ミュージシャンのアリス・クーパーの原案をもとに、「サンドマン」で有名なニール・ゲイマンが脚本を仕上げたホラーコミックであり、アリス・クーパーのアルバム「the Last Temptation」と同時期に発売されたものである。「サンドマン」ほど難解なストーリーではないので、ホラー物や幻想物が苦手な人でも楽しめるだろう。「the Last Temptation」は1994年にMarvel Musicからオリジナルが発売された後、2000年にダークホースから合本が発売された。今年の4月には、ニール・ゲイマンが脚本を担当した他の3作品(「Violent Cases」「Signal to Noise」「Harlequin Valentine」)とともに、リニューアル発売されている。また6月には、新作「Murder Mysteries」が発売予定だと言う。ゲイマンの作品に興味を持たれた方は、こちらのほうも要チェックである。

【作品データ】

Published by Dark Horse Comics
Based on a story by Neil Gaiman & Alice Cooper
Written by Neil Gaiman
Art by Michael Zulli
発売:2000年
関連サイト:http://www.darkhorse.com/

 

過去のレビュー作品

'02.06.17
AMAZING SPIDER-MAN ANNUAL #15

'02.06.2
Superman for the Animals

'02.05.19
THE AMAZING SPIDER-MAN: THE SAGA OF ALIEN COSTUME
BLADE II  (「TOMB OF DRACURA」45〜53号)

'02.05.3
SPIDER-MAN: THE DEATH OF GWEN STACY

'02.04.26
Amazing Fantasy #16〜18

'02.04.12
ELFQUEST

'02.03.22
Just Imagine

'02.03.8
THE POWER OF IRON MAN

'02.02.28
Batman: No Man's Land

'02.02.08
Breakfast After Noon

'02.01.16
Hellboy: Conqueror Worm,BLOODSTONE

2002年のレビュー
2001年以前レビュー




レビューのコーナーでは皆さんのお便りを募集しています。皆さんが「面白い!」と思った海外コミックを何でも紹介して下さい。知られているもの、知られていないもの、これを見ている皆さんに読んで欲しいもの、そうじゃなくても何だかちょっと「コレ面 白かったよ」と呟きたいようなものも。アメリカのコミックだけでなく、フランスの"BD"やイタリア、香港、中国、その他とにかく「海外」のコミックの紹介、大歓迎します!

レビューを送っていただく際、できるだけ表紙の画像を一緒にいただけると助かります(もちろん、なくても全くOK!ですが、見つかりにくい本の場合、画像が入れられなくなってしまい寂しいことに・・・) 。添付の場合はJPEGかGIF。80K以下の小さな画像でお願いします。
とにかく、このコーナーは皆さんの投稿で作られるコーナーです。どんどん投稿をお寄せ下さい。お待ちしてます!!

当ホームページへの投稿の宛先はこちら:contact@planetcomics.jp


PLANETCOMICS.jp
[WorldComicNews] [ComicReview][Contact US!]