今月のレビュー作品

Superman for the Animals/高木 亮

レビューコーナーでは皆さんのお便りをお待ちしています!

 

タイトル:Superman for the Animals
推薦者:高木 亮



 つい先日、栃木県宇都宮市で犬や猫に虐待を加えていた21歳の無職青年が逮捕された。その動機は「社会的に注目を集めたかった」という実にお粗末なもの。何の罪もない犬をゴルフクラブで殴ったり、猫を首吊り死させたり、動物愛好家でなくとも、犯人を同じ目に合わせてやりたいと思うのではなかろうか。残念ながら、こうした動物虐待事件は全国各地で発生しており、新聞やニュースになることもしばしばである。最近では埼玉県鳩ヶ谷市や岩槻市などで報告されており、2年前には香川県高松市で連続発生したこともあった(香川県は虐待県だという、不名誉な汚名までつけられたそうだ)。動物虐待の問題は、犯人の精神面と深く関わっており、児童虐待との関連性や、他の傷害事件への発展可能性なども指摘されている。くわしい分析はともかく、無抵抗の弱い存在を一方的に痛めつけるような行為は、断じて許されるものではないだろう。今回紹介する「Superman for the Animals」は、そんな動物虐待をテーマにした問題提起コミックである。
 
 12歳の内気な少年トミーが、スプリングデールという郊外の町に転校してくる。やがて、トミーにも友達ができ、同じクラスのグループ仲間と行動をともにするようになる。彼らは特に不良少年というわけではなかったが、時にその行動は遊びの域を越えて犯罪に走ることもあった。そんな彼らの「楽しみ」の一つが、動物への虐待だった。グループのリーダー格であるバルザーを中心に、彼らは犬を銃で撃ったり、歩道橋の上から猫を投げ捨てたりした。しかし、トミーはそんな彼らの行動を嫌悪しつつも、友情との板挟みでどうしても止めさせることができなかった。
 そんな折、スーパーマンがスプリングデールにやって来る。実はトミーの父親が勤める化学工場で火災が発生し、その結果放出された有毒ガスをスーパーマンが処理したおかげで、何万人もの命が救われたのだった。トミーはそんなスーパーマンの姿を見て、心をうたれる。スーパーマンは超人的な力を持っているにもかかわらず、決してその力を悪用することなく、弱者を助けることに身を捧げている。それはバルザーとは正反対の生き方だった。
 その後、バルザーがリスを水死させて笑い転げる姿を見たトミーは、遂に勇気を振り絞ってバルザーに対して面と向かって非難する。二人はバルザーの部屋で殴り合いになるが、その最中、バルザーが保管していたトランクのなかから大量のペット用首輪がでてくる。それは今までバルザーが虐待を加えてきた動物たちから奪った「戦利品」だった。自分の秘密を知られたバルザーは、今度はトミーに対してバットを振りかざすが、それを見た仲間たちはようやく今までの過ちに気づき、バルザーを取り押さえる。そして、バルザーはカウンセラーのもとでセラピーを受けることになり、トミーたちは動物シェルターで奉仕活動をはじめることにした。
 事件が一段落した後、トミーはスーパーマンに宛てて一通の手紙を書く。「あなたのおかげで、僕は正しいことをすることができました。正しいことをするためには、スーパーマンになる必要はないのだということがわかりました。ヒーローになるということは、自ら進んで弱きものを助けるということなのですね」
 
 昨年の同時多発テロ事件以降、コミックのヒーローが現実の事件に対しては無力だということを、我々は嫌というほど知らされてきた。このコミックのテーマである動物虐待の問題も、「誰かがやってくれるだろう」という脳天気な楽観論は捨て、我々自身が行動をおこさなければならないのだろう。さて、あなたは弱きもののためにヒーローになれますか?
 なお、「Superman for the Animals」は一般発売されたものではなく、DCコミックスが発売していたいくつかのタイトル(「Superman Adventures」のような児童向けタイトル)に付録という形で同梱されていたものである。そのため、現在ではやや入手困難と思われるが、興味のある方は是非アメコミ・ショップなどで探してみてほしい。
 

【作品データ】

Published by DC Comics
Written by Mark Miller
Art by Tom Grummett & Dick Giordano
発売:2000年
関連サイト:社団法人日本動物福祉協会
      動物虐待防止会
      こころ
      あにまるたすけ隊
      American Society for the Prevention of Cruelty to Animals
      Doris Day Animal Foundation

 

過去のレビュー作品

'02.05.19
THE AMAZING SPIDER-MAN: THE SAGA OF ALIEN COSTUME
BLADE II  (「TOMB OF DRACURA」45〜53号)

'02.05.3
SPIDER-MAN: THE DEATH OF GWEN STACY

'02.04.26
Amazing Fantasy #16〜18

'02.04.12
ELFQUEST

'02.03.22
Just Imagine

'02.03.8
THE POWER OF IRON MAN

'02.02.28
Batman: No Man's Land

'02.02.08
Breakfast After Noon

'02.01.16
Hellboy: Conqueror Worm,BLOODSTONE

2002年のレビュー
2001年以前レビュー




レビューのコーナーでは皆さんのお便りを募集しています。皆さんが「面白い!」と思った海外コミックを何でも紹介して下さい。知られているもの、知られていないもの、これを見ている皆さんに読んで欲しいもの、そうじゃなくても何だかちょっと「コレ面 白かったよ」と呟きたいようなものも。アメリカのコミックだけでなく、フランスの"BD"やイタリア、香港、中国、その他とにかく「海外」のコミックの紹介、大歓迎します!

レビューを送っていただく際、できるだけ表紙の画像を一緒にいただけると助かります(もちろん、なくても全くOK!ですが、見つかりにくい本の場合、画像が入れられなくなってしまい寂しいことに・・・) 。添付の場合はJPEGかGIF。80K以下の小さな画像でお願いします。
とにかく、このコーナーは皆さんの投稿で作られるコーナーです。どんどん投稿をお寄せ下さい。お待ちしてます!!

当ホームページへの投稿の宛先はこちら:contact@planetcomics.jp


PLANETCOMICS.jp
[WorldComicNews] [ComicReview][Contact US!]