この間、2時間も渋谷駅で待って、やっと渋谷−新橋間を走っている、“映画スパイダーマン広告ラッピング都バス”に乗りました。いま渋谷は、W杯で日本のみならず世界中のサポーターがいっぱい。少し離れた青山ではモー娘。のミュージカルをやっていて、熱心なファンがいっぱい。サッカーに夢中になるもよし、アイドルをおっかけるのもよし、でもやっぱり僕はスパイダーマンです!
OK!Let’s spin the web!

アメイジングな興行新記録その3!
 映画スパイダーマンのヒットの勢いが止まらない。まず全米ボックス・オフィス最短1億ドル突破、2億ドル突破についで、史上最短22日で3億ドル突破。
ちなみに2位はエピソード1の28日、3位はタイタニックの44日!

さらに、全米歴代ボックス・オフィスでは、
1位 タイタニック 6億78万8188ドル
2位 スターウォーズ 4億6103万8066ドル
3位 E.T. 4億3497万4579ドル
4位 エピソード1 4億3108万8297ドル
5位 ジュラシックパーク 3億5706万7947ドル

で、我らがスパイダーマンは、6月3日現在、
3億5530万0685ドルで歴代6位!
この原稿がアップするころは、多分、恐竜たちを抜くでしょう。(ちなみにE.T.とスターウォーズはリバイバルの収益<特別篇とかね>も含んでいる)
最終的にどこまでいくか?がんばれ!WEB−HEAD!!

え?スパイダーマンがミュージカルになる!?
 前回、スパイダーマンのライブ・ステージの話をしたけれど、今回はロック・ショウ!
この5月ハリウッドのユニヴァーサル・スタジオに、SPIDER−MAN ROCKS
というアトラクションが登場したらしい。ユニヴァーサル・スタジオといえば、オーランドにあるスパイダーマン・ライドが人気ですが、このSPIDER−MAN ROCKSは、どうやらスタント・ショーと歌が楽しめるものらしい。多分きっと、エアロ・スミスもカバーした、スパイダーマンのテーマ・ソングも歌われるのでは?それにしても、日本のユニヴァーサル・スタジオにもどちらでもいいから、早くスパイディ・アトラクション来ないかな!詳しくは、
SPIDER−MAN ROCKS;
スパイダーマン・ライド;

すぴコレ
 今日のすぴコレは1970年代末期!DCとマーヴルのコラボレーション・コミックス「SUPERMAN VS. SPIDER−MAN」の初版です。サイズは通常のコミックブックより軽く二回りは大きいビッグ・サイズ!(このサイズに呼び名はあるのだろうか?)内容は、スーパーマンとスパイダーマンがNO.1ヒーローの座を巡って大激突!ではなくて、最初は誤解から争うものの、最後は手を組んで、スーパーマン&スパイダーマンVSレックス・ルーサー&Drオクトパスと戦うという、「マジンガーZ対デビルマン」パターン。クラーク、ピーター、ロイス・レーン&MJのWデートの描写があったり、デイリープラネットとデイリービーグルのスクープ合戦があったりして面白い。当時日本では小野耕世さんの日本語版スーパーマンが出版されていて、その出版社から、故・手塚治虫さん訳で(!!!!)日本語版もでるはずだった。(残念ながらこの試みは失敗した)
そういえば映画「スパイダーマン」が現れるまでの約20年間、映画「スーパーマン」が長らく、僕にとってのNO.1ヒーロー映画でした。きっとサム・ライミ監督もそうだったんじゃないかな。なぜって映画「スパイダーマン」の、最初のグリーン・ゴブリンとの対決シーンは、映画「スーパーマン」へのオマージュに満ちていて、特にピーターがスパイダーマンに変身するシーンは、スーパーマンのそれだし、ヒロインを救って、あなたは誰?と聞かれ、友人さ、と答えるところも一緒。さて「スーパーマン」ですが、現在また映画化の話が進められおり、監督は「チャーリーズ・エンジェル」のMcG。
出演は「ハムナプトラ」シリーズのブレンドン・フレイザー。ヒロイン:ロイス・レーンにキャメロン・デイアス??本当だとすれば、すごく明るい映画になりそう。

 

 

 



<すぴプロフィール>

日頃は広告会社勤務のWEBプランナー。その正体はアメコミ系キャラクターグッズ・コレクター。伊藤英明出演のアクション・フィギュア映画「ブリスター!」の原案をつとめる。アニメ版X−メンに登場するローグ似の妻とJADEという名の娘あり。

過去のすぴさん



'02.5.29
'02.5.12
'02.4.26
'02.4.12
'02.3.29
'02.3.15
'02.3.1


PLANETCOMICS.jp
[WorldComicNews] [ComicReview][Contact US!]