皆さん、5月7日放送の「なんでも鑑定団」観てくれました?僕のスパイダーマン・グッズ・コレクションが紹介されたんですよ。さてさて、グッズがらみでご報告。前回、グエンの人形は見たことがない、と書いたら、僕の師匠MIKIさん(すっごく素敵なスパイダーマン・グッズ・コレクター、サイトも充実!)から、グエン人形の存在を教えていただきました。
MIKIさん、ありがとうございます!というわけで、全米で大ヒット、日本でもいよいよ明日からの我らがスパイディ!OK!Let’s spin the web!

アメイジングな興行新記録!
 もう日本のTV・新聞(それもスポーツ新聞だけではなく、大手新聞まで!)が、ここ数日とりあげている、映画「スパイダーマン」の驚異的な興行新記録=5月3日の初日から4(土)5(日)の、3日間だけで114億ドルの売上、の話題。このこと自体、もう皆さんご存知なので、これ以上は書きませんが、こうなってくると次に興味ぶかいのは、5月16日に全米封切りとなる「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」がこの記録を破れるかどうか(スパイディVSジェダイ!)と、最終的にスパイディが、どれだけ稼ぐか、ですね。
 ちなみに僕の得たデータが間違いなければ、全米における歴代アメコミ原作のヒット映画ベスト10は、

1位 バットマン(2億5100万ドル)
2位 MEN IN BLACK(2億5000万ドル)
3位 バットマン フォェバー(1億8400万ドル)
4位 バットマン リターンズ(1億6200万ドル)
5位 X−MEN(1億5700万ドル)
6位 ニンジャ タートルズ(1億3500万ドル)
7位 スーパーマン(1億3400万ドル)
8位 マスク(1億1900万ドル)
9位 スーパーマン2 冒険篇(1億800万ドル)
10位 バットマン&ロビン Mrフリーズの逆襲(1億700万ドル)

 これらは、すべて初日から興行終了までのトータルの売上です。つまり我らがスパイディは、なんと、“たった、まだ3日”で、既にトップ10入りしているのです!!

スパイディで飲もう!
 とはいえ、やはり僕らとしては、やっぱり日本でも大ヒットしてほしいわけで、皆様、劇場にGO!今回、スパイダーマンの劇場限定グッズも充実していて、3日の先行レイトでも売店は長蛇の列でした。劇場での売れ筋は、スパイダーマン・タンブラー!カフェ人気で、すっかり市民権を得たアイテムです。(僕もいま、それにコーヒー注いで、この原稿書いてますが。)
こういう劇場限定グッズは、日本だけのオリジナルなので、世界のコレクターにうらやましがられるかも。なお、劇場で売ってなくても、パンフレット(小野耕世さんが寄稿されてます!)に通販のあて先が書いてあるのでご安心を!

すぴコレ
 今日のすぴコレは1990年代のスパイダーマン・アニメ・シリーズと連動して発売されたアクション・フィギュアの中から「6本腕のスパイダーマン」。なぜ、6本腕かというと、スパイダーマンとしての生活に嫌気がさしたピーターが、その超能力を棄てるために、自ら薬を開発し、それを飲んだら、逆にもっとクモっぽくなってしまった!というエピソード。これは原作のコミックスの設定なんですが、こういう商品が出回るということは、アニメ版にもこの話がある、ということですね。結局、ピーターは、知人の天才科学者コナーズ博士のところにいき、元にもどるのです。このコナーズ博士というのも、曲者で、日ごろはいい人なんですが、発作を起こすと恐怖のトカゲ男リザードに変身してスパイディを襲うのです!!実は、今度の映画の中でピーターのセリフに「Drコナーズのバイト、クビになっちゃった」というのがある(字幕では訳されてません。吹き替え版はどうでしょう?)。思わずニヤリとするのと、ひょっとすると次のスパイダーマン映画に、リザード登場!!!???ってな感じで、今度の映画「スパイダーマン」、こうしたファン向けの仕掛けもいっぱいなので、1度といわず2度、3度、劇場にGO!GO! 。

 

 

 



<すぴプロフィール>

日頃は広告会社勤務のWEBプランナー。その正体はアメコミ系キャラクターグッズ・コレクター。伊藤英明出演のアクション・フィギュア映画「ブリスター!」の原案をつとめる。アニメ版X−メンに登場するローグ似の妻とJADEという名の娘あり。

過去のすぴさん



'02.4.26
'02.4.12
'02.3.29
'02.3.15
'02.3.1


PLANETCOMICS.jp
[WorldComicNews] [ComicReview][Contact US!]