映画「スパイダーマン」、本国では、関係者を集めての試写が始まったらしく、いくつかのサイトにレビューがのりはじめました。どの批評も「想像以上にすごい!」と誉めモード!日本でも前売り券順調な売れ行きとのことで、ますます期待大!ゴールデンウィークの5月3・4・5日の連休は連夜の先行オールナイトをする劇場もあり、いよいよ“我らが親愛なる隣人”近づいてきました。OK!Let’s spin the web!

すぴ、サム・ライミ監督に会う!
 4月6日(土)、ひょんなことから、映画のプロモーションをかねて来日したサム・ライミ監督と、日本を代表するスパイダーマン・フリーク大森はじめさん(東京スカパラオーケストラ)と、これまた日本一のサム・ライミ・ファン竹中直人さんによる、日米スパイディ・オタク対談の司会役をひきうけました。(この対談の内容は週刊宝島、月刊ハイパーホビー、映画秘宝誌等で近々紹介されます)素顔のサム・ライミ監督は大変フレンドリーでマジメな方で一つ一つの質問にキチンと答えてくださいました。僕が、60年代のアニメ版スパイダーマンのテーマ(あの“スパイダーマン、スパイダーマン、ホワットエヴァー スパイダーキャン ドゥ”のフレーズ)を口ずさむと、「その曲、映画でも流れるよ」(!)と教えてくれました!!!! 35歳以上のスパイダーマン・ファンよ、喜べ!(笑)
さてさて、映画の日本版公式サイト:にちょっとコラムを書きました。サイト内のABOUT SPIDER−MANを選択。さらにそこのSPIDEY COLUMSの<スパイディ祭りの幕が開く!>が僕の原稿です。よかったら読んでみてください。

スパイディを食べよう!
 既報の通り、アメリカでは、ハーシーチョコレートとケロッグがタイアップについた映画スパイダーマンですが、それぞれのプロモーションを紹介するサイトが立ちあがりました。
 それぞれ趣向を凝らした商品展開とおまけで、ファンにとってはヨダレものですが、ケロッグは、商品によって<おまけ>が異なりますが、ライスクリスピーのスナックは、商品についている秘密の番号をキャンペーン・サイトに打ち込むとスクリーン・セーバをゲットできる、という凝った仕掛が面白い。
http://www.kelloggs.com/promotions/spiderman/index.html

 ハーシーチョコレートは、商品を購入するとポスターがもらえたり、おまけギミックの付いたステイック状の商品展開が楽しい。
http://www.hersheys.com/spiderman/index.html

 フィギュアとかは、日本とかに入ってくるんですけど、こういう食品がらみは結構見つけにくいので、もし雑貨屋とか見かけたら即ゲットですね。
あと、アメリカではDrペッパーのタイアップ缶が発売されるハズ。映画の中でも、ピーターパーカーが、蜘蛛糸発射の訓練をする際、机の上のDrペッパーを標的にする、という、「これぞ!タイアップ」ってなシーンがでてきます。

すぴコレ
 今日のすぴコレは10年前に、購入したピンズ・セット。スパイダーマン生誕30周年を記念して発売されたプレミアム品。(それにしても、アメリカ人っていうのはピンズが好きですね)それぞれ原作者のスタン・リーと、スパイディ・アーチストの中で最も人気のあるジョン・ロミタのサインが入っている。確か、当時発売されていた“COMIC SCHENE”という洋雑誌の通販で購入したと思います。ちなみに今年はスパイディ生誕40周年でそれを記念して映画が公開される、というわけです。ファンとしては、このピンズを買った当時から、早くスパイダーマンが映画化されて欲しい!と願っていたわけで、10年一昔、、本当に長かったです。スパイダーマン生誕50周年は、2012年。2年に一度映画のシリーズが作られたとして、映画スパイダーマン5が、生誕50周年記念映画になりますね。本当は、こういうピンズ、胸につけて初日に劇場駆けつけたいんですが、パッケージから出すのがもったいなくて、やっぱり2つ買っておけばよかった(笑) 。

 

 

 



<すぴプロフィール>

日頃は広告会社勤務のWEBプランナー。その正体はアメコミ系キャラクターグッズ・コレクター。伊藤英明出演のアクション・フィギュア映画「ブリスター!」の原案をつとめる。アニメ版X−メンに登場するローグ似の妻とJADEという名の娘あり。

過去のすぴさん



'02.3.29
'02.3.15
'02.3.1


PLANETCOMICS.jp
[WorldComicNews] [ComicReview][Contact US!]