パニッシャー:ウォー・ゾーン

パニッシャー:ウォー・ゾーン
Punisher: War Zone


2008年米/アクション

【状況】
日本公開待機中

【公開日】
北米:2008年12月5日[Offical Site]
日本:2009年4月18日[公式サイト]

【予告編】


+PlanetComics.jpニュース- 最新情報はここから!
【スタッフ】


・監督レクシー・アレクサンダー
・脚本マット・フォロウェイ、アート・マーカム、ニック・サントラ、レクシー・アレクサンダー


【キャスト】










レイ・スティーブンソンフランク・キャッスル/パニッシャー
ドミニク・ウェストビリー・ルソッティ/ジグソー
ジュリー・ベンツアンジェラ・ドナテリ
ウェイン・ナイトライナス・リーバーマン/マイクロチップ
ダグ・ハッチンソンルーニー・ビン・ジム
ダッシュ・ミホクマーティン・ソープ刑事
コリン・サーモンエージェント・ポール・バディアンスキ
ロマーノ・オルザキニッキー・カベラ
ケラム・マレッキ=サンチェスインク


【シノプシス】
 2004年のトーマス・ジェーン主演映画はあれで完結。
 これは続編ではなく、新たな『パニッシャー』映画である。 

 新たな監督レクシー・アレクサンダーは、『フーリガン』('05)で英サッカーチームのフーリガンを描いた映画でハリウッドデビューした新鋭。 
 ドイツ出身で、かつてはキックボクシングとカラテに熱中しワールドチャンピオンになったこともあるという武闘派女性監督である。

 今回の映画は、前回の反省を踏まえて“ハードな”R指定。『フーリガン』や、'03年にアカデミー賞ノミネートとなったショートムービー『ジョニー・フライトン』でも評価された監督のヴァイオレンス描写の腕の見せ所となる。

 脚本は、『アイアンマン』を手がけたマット・フォロウェイとアート・マーカム。
 そして『プリズン・ブレイク』『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』等、大ヒットドラマの脚本とプロデューサーをつとめるニック・サントラも参加している。

 新しい主演はレイ・スティーブンソン。一代目のドルフ・ラングレン、二代目のトーマス・ジェーンと比べるとややマイナーだが、TVシリーズ『ローマ』や、映画『キング・アーサー』への出演で知られるアイルランド出身の演技派俳優。撮影前には武術指導と軍隊の訓練を受けたという。
 コミックではおなじみの悪役、暗黒街の顔役ジグソーにドミニク・ウェスト(『300』『フォーガットン』)、ヒロインにジュリー・ベンツ(『バフィー』『ランボー/最後の戦場』)。 

※この映画はまだ日本で公開されていません。ここにある名称、カナ表記、ストーリー、情報などは日本配給時のオフィシャル情報ではありません。

posted at 06:24:00 on 2009-01-13 by Mitsuoka - Category: コミック原作映画(タ行〜ハ行) TrackBack: - このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加



TB