訃報:デイブ・コックラム

 11月26日、アメコミのベテラン・イラストレーター、デイブ・コックラムが糖尿病の合併症ため亡くなりました。63歳でした。
 デイブ・コックラムは1970年代中盤、当時人気が停滞していた「X-MEN」の再起スタッフとしてシリーズに参加。エディターのロイ・トーマスやライターのレン・ウェインとともにストームやナイトクローラー、コロッサス、サンダーバードなどの個性的なX-MENキャラクターを創作した人物として知られています。

 その後、オリジナル作品も手がけたほか、DCやマーヴル等の出版社でコミックや表紙イラストを手がけ続けていましたが、2004年から糖尿病と肺病が悪化。闘病生活を続けていました。
 
 FOX5Newsによると彼の妻は、彼がサウス・カロライナの自宅のベッドで、愛用のスーパーマンのパジャマを着、バットマンの毛布にくるまって亡くなったと明かしています。
 幼い頃にコミックでかれらに魅入られて以来、最後までスーパーヒーローと共にあった人生でした。
 
関連Link>>・Dave Cockrum Tribute
更新がだいぶ前に止まっており、訃報は書かれていません。
posted at 01:54:12 on 2006-11-30 by Mitsuoka - Category: コミック映画ニュース TrackBack: - このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加


TrackBack

http://www.planetcomics.jp/index.php?itemid=683.trackback